屋根葺き替え・サイディング張替え

屋根葺き替え
屋根や外壁は、風雨・雪にさらされ、放置しますと危険が伴います。

サークルフェローは、
安全で長持ちするリフォームをご提案し、
腕利きの職人が、心を込めて施工いたします。

屋根や外壁のリフォーム・吹き替えなどが必要な時はサークルフェローにぜひご相談ください!

屋根は火災保険適応になりやすく、持ち出し無しでの屋根リフォームもよくある事ですので、
いろいろとご相談ください。

屋根のリフォーム

屋根葺き替え工事ってどんな工事?

屋根葺き替えとは
屋根葺き替え工事とは、古くなって傷んだ屋根材を取り外して、新しい屋根に乗せ替える工法です。
屋根を新しくするので、
建物そのものの耐久性があがり寿命が延びます。
また、屋根材をはがす際に 普段は見えない屋根裏部分の防水紙や野地板などの補修も同時に行うことができます。

そういった点からただ古くなったから施工するだけではなく、耐震のためにされるお客様も増えています。

葺き替え工事の長所・短所

塗装
・取り替えるので建物の寿命が延びる
・瓦によっては耐震性が上がる
・塗装工事よりも高い
・塗装と比べると施工期間が長くなる

葺き替え工事が必要なケース

・屋根瓦(スレート)にひび割れがある
・屋根にコケやカビが生えている
・棟瓦がずれ、瓦が揃っていない
・天井をよく見ると雨漏りの跡が
・風が吹くと異音がするようになった

上記に複数該当する方は、葺き替え工事のタイミングです!
放置すると、最初は問題ないかもしれませんが見えない部分がどんどん劣化していっています。
手遅れになる前に、サークルフェローにご連絡ください!

屋根トタン葺替え(屋根新品に交換)

屋根葺き替え
サークルフェローではまず屋根の状態を把握し、塗装でまだ大丈夫な場合は塗装をご提案。

塗れない状態の場合は、葺替えをご提案致します。

葺替えは塗装料金+20万円ほどになります。
ただし、短くみても15年〜サイクルを考えると、新品後、塗装を2回、3回目とするなら、葺替えの方がコストパフォーマンスが良くオススメです。
痛んだトタンは白く腐食して落ちたり、ダクトの周りが痛んで水漏れなども多いです。

屋根リフォームは足場が必須ですので、 足場代がかかる時にあわせて張替えを行うのも、コスト削減になります。
一度、状態を見させていただければと思います。
屋根の状態の現場調査は無料です。

屋根葺替え工事の事例(石狩市)

石狩市の海沿いの戸建ての屋根板金葺き替えの事例です。
既存板金はぐると、木下地が水付いていて腐っています。
屋根葺き替え
 
屋根葺き替え
屋根葺き替え
葺き替え
葺き替え
葺き替え工事
塗装
屋根葺き替え
腐っているところは、入れ替えてガルバリウム板金を貼り仕上げました。
耐久性・強度・外観ともにバッチリの仕上がりとなりました。

煙突板金巻き

古い住宅のブロック構造やコンクリート造の煙突にヒビが入りカケラが落ちたりして、
多くのお客様が困っていらっしゃいます。

サークルフェローでは「煙突板金巻き」という項目での対応工事をリーズナブルに提供しています。
お困りの方はお気軽にお問い合わせ下さい。
煙突
煙突
 

外壁のリフォーム

外壁・金属サイディング上張り

サイディングは、
IG工業中心に、ニチハをはじめ主要サイディングを幅広く取扱いしています。
外壁
丁寧な安心施工と高い技術力がサークルフェローの持ち味ですが、価格も魅力です。

札幌市を中心としたエリアで地域密着の外壁リフォームをお探しの皆様は
ぜひ、サークルフェローにお問合せ下さい!

流行りの板金縦貼り外壁施工も腕利きの板金職人が対応致します。
サイディング
サイディング
サイディング

サイディング種類別特徴

窯業系
セメントと繊維質を主原料とする、主流のサイディングです。
デザインが豊富で、選ぶ楽しさがあります

■メンテナンス期間:6~10年

窯業系サイディング自体の寿命は30~40年と言われています。
ほとんどメンテナンスは必要ないと思っている人もいるようですが、 6~10年周期でのメンテナンスが長持ちの秘訣です。
金属
アルミニウム・鉄などの金属加工し、断熱材で裏打ちしたものが金属系サイディングです。
窯業系サイディングに次いで主流な金属の質感を活かしたモダンでシャープな見た目は、窯業系とは違った魅力を感じます。
また、重量が軽く、建物に負担をかけにくいという特徴も持っています。

■メンテナンス周期:10~16年

窯業系サイディングと比べると水の浸み込みやヒビ割れの心配がなく、メンテナンス周期は少し長め。
ただし、金属特有のサビの発生には要注意です。
木質系
天然木・合板などの木材を主材とするサイディングで、木のぬくもりを感じられます。

断熱性に優れ、環境にも優しい素材ですが、 消防法のからみで使用できない地域があります。

■メンテナンス周期:10年前後

木の性質をよく理解して付き合っていかなければなりません。
湿気を嫌うため、長期間濡れた状態が続くと腐食につながります。

サイディングの耐用年数

上記のように、窯業サイディングも、モルタル外壁も、金属サイディングもメンテナンス周期は異なります。

ですが、 耐用年数はいずれのサイディングも約30年です。
日本の木造住宅の平均寿命が20〜30年ほどと言われています。
そう考えると、どの外壁材であっても30年程度で寿命を迎えるのならば納得の数字です。

耐用年数を迎えるタイミングが、サイディングの張り替えや上張りを検討するタイミングといえます。

外壁の張り替えと上張りの違い

上張りと張替えの違い
外壁の張り替え
既存の外壁を解体・撤去して、新しい外壁に張替える工事です。

外壁の上張り
現在の外壁の上から新しい外壁を重ね貼りする工事です。

どちらも新しく外壁を張るという点では同じですが、それぞれにメリット・デメリットがあります。

外壁の張り替えと上張りのメリットデメリット

・新しい外壁になるので長く使える
・全て取り外すので、壁の内側をメンテナンスできる
・思い通りの外壁にできる
・既存の外壁の解体も行うので費用がかかる
・工期がながくなる
・建築年や構造によっては外壁材に制限がある
・解体工事が必要ないので、解体費用がかからない
・工期が早い
・外壁を重ねることになるので、断熱性が高まる
・遮音性が高まる
・選べる材料がほぼ金属に限られてしまう
・外壁があまりに劣化していると施工できない
注意点
重量の増加に注意
窯業系サイディングには様々な厚さがあり、
彫りの深いデザインとなるとその分重さは増しますし、
工法も違ってきます。
外壁の重量増加はお住まいの耐震性に良くないをもたらします。
これは、上張りの場合も同様です。
上張りの場合は既存の外壁+新しい外壁になりますから、当然重量は増えます。
そういった背景もあり、上張りは軽量な金属サイディングが主流となっています。

施工事例

以前に車庫のシャッター工事でお知り合いになりました。
石狩市のN様の外壁サイディング交換工事&屋根塗装工事が完成しました。

今回のお客様のご要望
○ 中間価格で落ち着いたベージュ系
○ 既存サイディング剥がして新規工事
○ お盆前工事

全てのご要望に応えることが出来ました。
サイディング
既存サイディングのはがし中
サイディング
新規サイディング施工 
今回はニチハ
サイディング
完成
屋根葺き替え・サイディング張替えのことなら、
どんなことでもお気軽にお問い合わせください。
scroll-to-top