サイディングボードを張り替える外壁リフォームの費用について

b01d15d3d3766fa24c07c9bf4e27e5a9_l

外壁は普段から雨や風などにさらされているので、
建物の中でも劣化しやすい部分といえます。
外壁にヒビが入ってしまったりすると、
そこから雨水が侵入し家全体を傷みやすくしてしまいます。

そのため定期的にメンテナンスを行うことや
外壁リフォームを行うことが欠かせません。

今回は外壁リフォーム工事にかかる費用について詳しく解説していきます。


■外壁にかかる費用

外壁リフォームの方法には、張り替えがあります。
張り替えとは、既存の外壁を取り払って新しい外壁を
取り付ける方法のことをいいます。

劣化している部分を補修するよりも手間がかかりますが、
新しい壁を取り付けることで家全体を新築同様に生まれ変わらせることができます。
では、外壁の張替えにはどのぐらいの費用がかかるのでしょうか。

まず一般的な外壁材には、サイディングボードがあります。
サイディングボードは耐久性にも優れていますし、価格も比較的
リーズナブルなので多くの外壁に使用されている素材になります。

ただし、種類が色々あるので価格はそれぞれの種類によって異なっています。
サイディングには、窯業系・金属系・木製・樹脂などの種類があります。
窯業系は最も主流となっている素材で、セメントに繊維質原料などを
加えて作っています。

耐震性や遮音性にも優れているのが特徴で、
1㎡当たりの単価は3,000円から5,000円程度です。
金属系は金属板に断熱材が裏打ちされており、
表面はメッキ塗装されている素材です。

断熱性に優れており、他の素材に比べて軽いのが大きな特徴といえます。
1㎡当たりの単価は4,000円程となっています。
木製は木の素材ならではの温もりが感じられるので、
自然素材が好きな人に人気があります。

日本の風土とも相性が良く、1㎡当たりの単価は6,000円程です。
樹脂は錆や腐食の心配がない素材で、非常に軽いという特徴を持っています。
1㎡当たりの単価は8,000円から10,000円程です。


■施工にかかる費用

それから外壁リフォームには、材料費だけではなく人件費や
足場代・施工費なども必要になります。
まず足場代は作業員が工事を行う際には欠かせないもので、
一般的な2階建て住宅であれば150,000円から200,000円程度の費用がかかります。

それより階数が多いなど特殊な住宅事情がある場合には、
割高になることもあります。
施工費は総費用の30%程度と言われています。

また、既存の外壁を撤去する費用や資材の運搬費、諸経費なども発生します。
リフォームを行う住まいが資材を運搬するのが難しい場所にある時には、
費用が割り増しされることもあります。
トータルの外壁リフォームの費用は業者によっても差がありますが、
一般的な3LDKの住宅の場合には150万円から200万円程度かかる場合が多くなっています。

古い外壁を撤去した後に、下地材の腐食が分かったような場合には
下地材も交換しないといけないこともあります。
そうなると追加の作業が発生するので、
人件費なども増えトータルコストがアップすることになります。

工事を実際に行ってみないと分からないことも多いので、
思わぬ追加料金が発生することも頭に入れておかなければいけません。
サイディングボードの張替えをする外壁リフォームは、
塗装などで補修するのに比べると料金は割高といえるでしょう。


■最後に

いかがでしょうか?
今回は外壁リフォーム工事にかかる費用について解説しました。

古い外壁を取り払うのは、とても手間のかかる作業になります。
下地の処理などもありますからどうしても費用は高くなってしまいます。
ただし、下地の腐食なども発見することができるので、長い目で見ると
住宅の資産価値を維持するのに有効です。

そして予定外の補修などについても考慮しておく必要があります。
業者によって料金には差があるので、節約したいという時には事前に
複数の業者から見積りを取るなどして比較するようにしましょう。
サークルフェローでは無料で見積もりを承っておりますので是非、ご相談下さい。