ガレージの屋根が破損した場合火災保険は適用されるか

d31b3f09f1828f3287d5bbf016e45886_m-1

住宅は、何らかの問題が生じた場合に保険に入るようにしている人が多いです。
ガレージの屋根が破損した場合住宅とはいくらでも買える消耗品などと異なり、
非常に高価なものとなります。

普通の人ならば、一生に一度か二度しか購入あるいは建築することが
できないほどの金額になってしまいます。

もし、完全に災害などが起きないと断言できるならば
わざわざ保険に入る必要はありませんが、そうでなければ
保険に入っておいた方がよいでしょう。

保険に入る場合には、火災保険が一般的ですが最近は
地震保険などが適用されることも多くなっていますので
地震保険に加入する人も増えています。

今回は保険の種類と適用範囲について詳しく解説していきます。


■ガレージの破損は火災保険が適用されるのか

このように、何かあった場合たいていは火災保険で
保証してもらえるため安心して暮らすことができるわけです。
ですが、建物のどの部分まで保険が及ぶかが問題になります。

例えば、一戸建て住宅の場合にはガレージがある家も少なくありません。
ガレージが家の中にあるパターンと家から少し離れているパターンが
ありますが、屋根に何らかの問題が生じた際に保険を適用することが
できるかが問題になります。

一般的に考えると、保険が適用されるパターンが多いようです。
よくあるパターンとしては、火災になることは少ないですが
ひょうなどが降って破損してしまった場合や台風などで
一部が飛んでしまった例です。

このような場合、そのままにしておいてもみすぼらしいだけでなく
もともとの機能を失ってしまいます。
そもそもなぜガレージを作ったかといえば、雨風を防ぐために
高いお金を出して作ったわけです。

それにもかかわらず、屋根の一部が飛んでしまえば雨風を防げないどころか
様々な問題で生じることが理解できるでしょう。
そこで、火災保険を適用したいところですが
この保険は一概に全部保証されるとは言えません。

まずは保険の種類によって変わってくるといえるでしょう。
そのため、もし住宅を購入したり建築した場合に、
自分の家のガレージが保険の適用内なのかそれとも外されるのかを
よく聞いておく必要があります。

範囲内ならば問題ありませんが、外される場合には
しっかりとした対応しておかなければなりません。
別途お金をかけて保険に入り直すのも一つの方法でしょう。

例えば、ある保険会社の場合には、
まったく適用されないといった事例ばかりのことがありますが
別のところを見てみると適用されているようなこともあります。


■保険の適用範囲を知ろう

このように、保険会社によって対応の仕方が変わりますので、
比較してみることが重要になります。
比較する場合の観点としては当然ながら
自動車を止めておく所まで適用されるかどうかですが、
総合的な金額が安いのかどうかといったところです。

もし、ガレージまで適用されるとしても
通常の保険の金額をはるかに超えてしまう場合には考えものです。
もしかしたら、保険に加入するよりも修理をした方が
良い可能性があります。

その方が金銭的にも安く負担が小さくなるかもしれません。
では、住宅が離れている場合はどのようになるかといえば
適用されない可能性が高くなります。

住宅の一部と考える場合は、お金が支払われる可能性が高くなりますが、
住宅から少し離れたところにある場合には、
そもそも住宅の一部と言えない可能性が高くなります。

ですが最終的にはやはり保険会社の
適用条件を見ることが重要になるでしょう。
この条件に該当していれば、特に不安に感じる必要がありません。


■最後に

いかがでしょうか?
今回は保険の種類と適用範囲について解説しました。

いずれにしても、ガレージは最初の段階で
ある程度頑丈につくっておく必要があります。

安っぽい素材で作ると十年に一度あるいは百年に一度の災害などで
あっという間に壊れてしまう可能性がありますので、可能であれば
コンクリートと鉄筋でつくる必要があるかもしれません。

あとは、どのような建物にするかは価値観の問題になります。
ガレージの建設を考えている方、ガレージの保険について不安な方は
是非サークルフェローにお任せください。