札幌市で外壁塗装を依頼するメリットと施工の流れ

342aae12f90411f99b00f047b1551bd1_s

札幌は雪が多いので住宅には大きな負担がかかります。
新築のときには美しかった住宅も年月が経つと劣化が目立つようになります。
住宅の塗り替え時期は一般的に約10年ですが、
住宅によっては早めに塗装を行うケースもあります。
外壁塗装を行うと約3倍も外壁が長持ちするといわれています。

外壁がひどく傷むと張替工事を行うしかなく、
そうなると高額な費用がかかります。
住宅のダメージを早期に発見することで、
将来かかる費用を節約することができます。
約8年から10年くらいで家の様々な箇所で劣化が進みます。
今回は札幌市で外壁塗装を依頼するメリットと施工の流れについて
詳しく解説していきます。


■外壁塗装を行うメリット

札幌は専門に塗装を行う会社が多いですが、
塗装を行うと様々なメリットがあります。
外壁塗装に使っている塗料は半永久的に効果が持続できるものではないので、
ある程度の時期が来れば塗りなおします。
塗装はただ色をつけるためだけに使われるものではなく、
外壁材を保護する目的もあります。

外壁は天候による影響を直接受けます
直射日光があたり雨風を受け、ホコリも付着します。
外壁を様々なダメージから守るためには外壁塗装が必要になります。
外壁材には塗料が塗ってありますが、塗料には耐用年数があります。
保護する効果を失った場合、
保護されなくなった外壁材が外部のダメージを直接受けることになります。
保護されない状態で雨水を浴びると木の腐食が早まることがあり、
サビを生じることもあります。

ダメージが広がると塗装以外の修繕費用が必要になり、家計にとっても負担です。
腐食に気付かずにいると劣化が進み、下地が剥がれて雨漏りのリスクも高まります。
雨漏りが続くと対処するための工事費用が発生してさらに負担が大きくなります。

塗料の寿命に合わせて外壁塗装を行うことで本来の保護効果を取り戻すことができ、
余計な出費も抑えられます。
外壁塗装を行うと外壁材が剥がれるのを防ぎ、カビの発生や色あせも防ぎます。
最近は劣化に合わせた塗料が開発されているので、相乗効果も期待できます。


■施工の流れ

札幌で外壁の塗装を依頼した場合、塗装会社から施工についての説明があります。
説明を聞いて納得できれば足場を設置します。
足場の仮説は半日から1日くらいで終了します。

足場ができたら高圧洗浄を行って泥汚れや苔などを洗い流していきます。
しっかりと汚れを落とすことで、塗料がしっかり密着します。
施行後の耐久性に関わってくるので丁寧な洗浄が必要です。
高圧洗浄が終わったら塗装部分の傷んでいる箇所を補修します。
下地処理を丁寧にしないと痛んでいる箇所から塗膜が剥がれる原因になります。
雨漏りの原因になることもあるので、下処理はしっかり行います。

塗装作業を始める前には塗装しない部分の養生作業をします。
この作業をしっかりしないと塗装しない部分にペンキが付くことがあります。
屋根の塗装では錆止め塗料を使って下塗り作業をします。
下地は塗装の最も重要な部分なので、細心の注意を払って下塗りを行います。

下塗りが完了したら中塗り作業に入ります。
中塗り作業の後に上塗り塗装を行うことで塗料の性能を充分に発揮させることができます。
3工程によって3層の塗膜ができるので、耐久性がより向上します。

最終段階では塗料の飛散を丁寧にチェックし、チェックが終わったら足場を解体します。
足場を解体した後は清掃を行って工事は完了です。


■保証内容をしっかり確認しよう

外壁塗装工事を行った場合に依頼者が気にするのが保証ですが、
塗装会社によって保証内容は大きく異なります。
長期保証をアピールしていても内容に問題があると保証の意味がなくなるので
事前に確認しておきます。

保証期間が短い場合でも保証内容が充実していると何かあったときでも
しっかりと保証してもらえます。
顧客サポートも重要なので、契約する前に確かめておくことが大切です。


■最後に

いかがでしょうか?
今回は札幌市で外壁塗装を依頼するメリットと施工の流れについて解説しました。

札幌は雪が多いので住宅には大きな負担がかかります。
新築のときには美しかった住宅も年月が経つと劣化が目立つようになります。
外壁ケアをしっかり行うことが非常に重要です。

サークルフェローではお客様との直接取引・ダイレクト施工を徹底しております。
札幌市で外壁塗装業者をお探しの方はサークルフェローにご相談ください。