屋根工事に費用を投じるメリットとは

a54c341114ea126fcbac2f48ac0148e4_l

屋根は住まいの「兜」とも言える存在です。
マイホームの安全を守る上で欠かせない部分です。
元々天災が多い日本列島ですが、巨大な台風が相次いで上陸したりと
近年ではその激しさが更に増しています。

今回は屋根工事に関する費用やメリットについて詳しく解説していきます。


■屋根の補修時期

今まで通りの備えではマイホームの安全管理が出来ない可能性が大きく、
特に暮らし始めてから10年以上が経過した住まいは屋根工事をすべき時期に
差しかかっています。

ただし、屋根工事は他の箇所とは異なり、住民の目が届きにくい場所です。
そもそも物理的に確認できにくい場所なのでDIYの経験がある方でも、
屋根のメンテナンスは困難です。

下手に上るとそこで足を滑らせて深刻なケガをする恐れさえあります。
現実問題として素人では屋根の痛みを発見することが出来ても、
その正しい補修方法が分からない場合が多いです。

見た目だけ補修しても肝心の安全性がなければ補修の意味がありません。
雨季や台風シーズンになりますと、連日連夜激しい雨風に襲われます。

一度雨漏りが起きると、それだけで住まいに甚大な打撃です。
浸水した箇所の近くが腐食したり、家電製品や家具が雨漏りで壊れてしまったり、
激しく劣化してしまいます。


■専門の塗装業者に頼むメリット

屋根工事は必ず専門業者に依頼しなければなりません。
老朽化が見られず、基本的な経過年数による傷や痛み等であれば、
塗装工事がオススメです。

屋根塗装の場合、費用は約30万円前後となります。
屋根は雨風などに耐える部分なので激しいダメージがなくても、
色が薄くなったり、一部が剥がれ落ちることもあります。

塗装工事を施す事で住まいのメンテナンスができ、
またビジュアル的にも新築当時の雰囲気に戻すことも出来ますし、
あえて元々とは違った色に塗り替えて、マイホームのイメージチェンジをするのも
面白い試みです。

塗装工事を施すメリットは、工期がとても短いという点です。
具体的な日数は気候や住まいの条件等が変わりますが、
平均すると14日程度で完了しますので、ライフスタイルに及ぶ影響も
最小限で済みます。
費用も他の屋根工事に比べて安価なので家計にも優しいです。


■葺き替え工事を依頼するメリット

屋根の葺き替え工事の費用は100万円を超える事があります。
ですがリーズナブルなコストで屋根工事を請け負う専門業者もあり、
80万から90万円位で最終的な費用が抑えられる可能性も高いため、
複数の専門業者に見積を依頼すべきです。

葺き替え工事のメリットは、屋根部分の耐久性が大幅に改善し、
安全性が向上する点です。
見える部分だけを補修するのではなく、素材の下に取り付けられた防水シートの方も
きちんと交換します。
この工程によって、より雨風や天災に強いマイホームへと生まれ変わるのです。

葺き替え工事で新素材の物に入れ替える事で、地震に強い状態となり、
仮に揺れで屋根の素材が落下したとしても、軽くて薄い物に取り換える事で、
いわゆる「減災」が可能となります。

葺き替え工事の気になるポイントは費用対効果が
それほど高くないということです。

その代わり老朽化した状態から耐久性を回復する事ができ、
根本的な痛みと汚れを改善出来るため、高額な費用をかけるだけのメリットは
たくさんあります。

一度施す事で、築数年が長い一戸建て住宅も、子ども世代、孫世代まで安心して
引き継ぐことができるようになるでしょう。

自宅のコンディションが不明であり、どの工法や素材が的確が分からない、
そんな時はとりあえず地元の専門業者に相談して、
屋根点検を受けてみるのがオススメです。

点検だけならコストも安価ですし、マイホームの身体検査の結果を踏まえて、
専門家のアドバイスを聞いた上で決断をだせばよいでしょう。
知人や親せきの方に、最近屋根工事をした人がいれば、
オススメの専門業者がいないか訊ねてみるのも一つの手です。


■最後に

いかがでしょうか?
今回は屋根工事に関する費用やメリットについて解説しました。

住宅の屋根がボロボロだと見た目や機能面で劣ってしまいます。
当社では補修工事や屋根点検を承っております。
現在の住宅の屋根の状態が気になる方は是非、
地域密着型のサークルフェローにお任せください。